豊かで清らかな水、肥沃な大地そして丹精込めて育てたコシヒカリだからこそおいしくて人気があるのです。
雪国の清らかな水、伝統の技法で育てられた独特な色調をもつ流麗な体形から、別名『泳ぐ宝石』とも呼ばれています。
 小千谷市片貝町は花火と職人の町といわれます。江戸時代に天領だったこともあり、この地には花火を始め鍛冶・染めなどその他多くの職人がその保護を受け集まり、お互いに影響しあいその技術を高めたのです。毎年9月 9日・10日に行われる浅原神社の大祭には世界一の四尺玉が打ち上げられ、約20万人もの人で賑わいます。